【初心者向けICO】学生でも投資できるICOがあるって本当?

ICO(Initial Coin Offering)ってなに?

仮想通貨投資をしていると、ICOという言葉を聞くことがありますよね。

ICOとは、Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)の略で「クラウドセール」「プレセール」「トークンセール」とも言い換えることが可能です。

ICOは仮想通貨を用いて企業が資金調達する方法です。企業はICOを通じて集めた資金を用いて目的となる事業を成功させるよう努めます。

従来の資金調達の方法は「IPO(新規株公開)」であり、企業が株式を発行して資金調達をしていました。

IPOとICOの大きな違いは以下となります。

企業が販売 購入者の支払い
IPO 株式 現金
ICO 独自の仮想通貨(トークン) 仮想通貨

IPOは現金で株式を購入できますが、ICOでは仮想通貨を使ってその企業が発行する独自の仮想通貨(トークン)を購入することになります。

なので、ICO投資するにはトークンを購入できる仮想通貨を持っていなければいけません。

ICO投資のメリット

世界中の企業の事業に投資できる

ICOを実施している企業は世界中にたくさんあります。案件数だけでも100種類以上はあります。

世界中の事業に投資できるという点は日本のIPOにはない魅力ではないでしょうか。

投資先の事業が成功すると、多額の報酬が期待できる

ICOでは、その事業ごとにトークンが配布されます。そのトークンは、最初は購入価格以上の価値はありません。

しかし、ICOも事業が成功すれば多額の報酬が得られる可能性があります。

仮想通貨の暴騰同様の利益が得られる可能性はじゅうぶんあります。最近はどの仮想通貨も暴騰してしまっているので新しい投資先として考えてみるのも良いでしょう。

例を出すと日本で実施された「COMSA」もICOです。

Zaif取引所を運営しているテックビューロ社がCOMSAトークンを販売し、100億円以上の資金調達に成功しました。

COMSAトークンは、プレセールで1COMSA=約100円で購入することができました。その後、COMSAトークンは一時400円を突破するなどの大暴騰を起こしました。

ICO投資のデメリット

当然、リスクはある

投資先の事業が失敗すると投資した資金を失う可能性はあります。

また、事業の運営者が、お金を持ち逃げしてしまう可能性もあります。

事業が成功するか、運営者が信用できるかどうかしっかり見極める必要があります。

ICOへの投資方法

ICO投資のやり方は下記ページで詳細に説明しています。ぜひ参考にしてみてください。

⇒⇒ICO投資のやり方・手順

どのICOを選べばよいの?

ICO案件は世界中に100種類あるので、全ての案件を見極めて投資するのは難しいです。

本記事では学生や投資初心者でもできるだけ安心して投資できるICO案件を紹介します。

当然、日本語対応です。

オススメICO:『REGAIN』

現在、ビットコインのマイニングはある1社にシェアの70%以上独占されている状態です。

仮想通貨のマイニングが独占されている現状を打破するために立ち上がったのが『REGAIN』です。

詳細は下記ページで紹介しています。

⇒⇒ICO投資の初心者にオススメできる『REGAIN』の魅力とやり方

オススメICO:『Fountain Connect』

寄付は、支援したい人にとってまだ不透明な部分や無駄が多いのが実態です。

『Fountain Connect』は、その不透明さや無駄を解決する画期的な案件です。

詳細は下記ページで紹介しています。

⇒⇒ICO投資の初心者にオススメできる『Fountain Connect』の魅力とやり方

このエントリーをはてなブックマークに追加