学生が仮想通貨取引をするメリット

学生と仮想通貨

最近、学生でも仮想通貨のトレードに手を出している人を多く見かけます。

投資と言えば社会人になってから始めるものと思っている人も多いと思います。

しかし、私は学生のうちから始めることに大きなメリットがあると考えています。

以下に理由をまとめますので、ご覧ください。

学生が仮想通貨取引をするメリット

大金を得るチャンスがある

学生がお金を得る方法と言えば、バイトですよね。バイトでは時給1,000円の場合、当然1時間働いて貰える給料は1,000円です。

しかし、仮想通貨取引なら取引した金額の10倍得られるチャンスもあります。

学生なので、そこまで大きな金額を使って運用することはオススメしません。しかし、1,000円だけでも投資して、それが10倍になれば10,000円です。

ビットコインの金額の変遷で考えてみましょう。ちなみにビットコインは端数の0.0001コインといった購入の仕方も可能なので1,000円分だけの購入も可能です。

2017年4月 1BTC=12万円 のときに1,000円分購入したとします。

2017年12月 1BTC=200万円 になったため、4月に購入したビットコインを日本円に戻すると16,000円になります。

+15,000円の利益です。2,000円なら+30,000円、3,000円なら+45,000円です。

当然、ビットコインの値段は下がることもありますが、損をしても最大で1,000円なので我慢できる額です。

このようにまだまだリスクは少なめで大金を得るチャンスがあるのが仮想通貨の魅力です。

お金について学ぶチャンス

学生はお金について学ぶ機会に乏しく、社会人になったとたんお金の知識が求められてしまいます。

学生のうちからお金の価値や税金の仕組みを理解しておくことで、社会人になってから知識不足による損を防ぐことができます。

また、これを機会に他の投資(株や不動産)にも目を向けるきっかけになるかもしれません。

学生のうちから資産運用について学んでおくことで、将来就職してから自分の給与所得を投資に回して資産の増加を図ることも可能です。

管理人としても学生のうちから資産運用について学んでおくことはオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加